FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウスのサイドボタン活用法

前回の記事の後

「マウスのサイドボタンなんて
 進むと戻るでいいじゃない。
 何がしたいの??」

という質問をいただきました(*‘ω‘ *)

マウスのサイドボタンを使うのは
ゲーマーの間では常識だと思っていて
言われていると、改めて書いたことって
なかったような気がします。

とはいえ、ゲーマーの間で常識でも、マビノギは
「本格的にネトゲをやったのはマビが初めて」
って方が少なくないんですよね。

そこで今回は
マウスのサイドボタンの活用法を
書いてみたいと思います。

マグナムリボルバー

さて、多くのネトゲでは
『キーボード+マウス』で操作を行います。
左手にキーボード、右手にマウスというのが
戦闘時の一般的な操作だと思います。

さてここでバランスが悪いことに
気付く人もいるでしょう。
左手のキーボードは、操作しなければいけな
キーの数がとても多いのに
右手のマウスは
サイドボタンがないものと考えた場合
左クリック、右クリック、ホイール。
これだけしかボタンが付いていません。
そのため、どうしても
左手の負担が大きくなってしまうのです。

そこで、左手の操作負担を軽減し
その分を右手に割り当てるために
マウスのサイドボタンが用いられます。
サイドボタンは1つのものもありますが
ゲーマーなら最低2つは付いているものを
購入しましょう。

では、ここからは
具体的にどんな形でサイドボタンを
使っていくかお話します。


私の場合、サイドボタンに割り当てているのは
『マグ』と『レンジ』の発動ボタンです。

マグは、エルフだと
壁際に相手を押し込んで連打することがあります。
マグナムリボルバーと言われるアレです。
この時、サイドボタンを使わないで操作しようとすると
左手はCTRLキーを押したまま
マグのボタンを何度も押さなければいけません。
これはボタンの配置上、なかなか大変だと思います。

CTRLキーを押さない方法もありますが
それだと、相手がちょっと
横方向にずれて吹っ飛んだり
マウスカーソルがずれてしまった時に
マグを外してしまいますよね。

しかし、マウスのサイドボタンに
マグのスキル発動ボタンがあれば
左手はCTRLキーを押しっぱなしにするだけで
右手で『サイドボタン→左クリック』
これを繰り返すだけで
簡単にマグナムリボルバーが出来るのです。


次にレンジの場合ですが
例えば流鏑馬をしているケースで
一体目の敵を倒し、次の敵への接射へ
移行するケースを挙げてみます。

サイドボタンを使わなかった場合
おそらくレンジスキル発動ボタンを
押す人は少ないんじゃないでしょうか。
クリックするだけでも
レンジは発動してくれますからね。

その場合、次に接射したい相手の足もとをクリックし
続けてCTRLキーを押しながら、もう一度クリック。
つまり、移動を開始した後、レンジの準備が開始される
という順番になると思います。
しかし、流鏑馬では移動に要する時間がとても短いため
接射のポジションに移動した頃に
ようやくレンジの準備が終わって、それから照準・・・
ということがありませんか?

ところが、サイドボタンにレンジがあれば、こうなります。
まず最初に、相手の足もとへ
マウスカーソルを移動させながら
同時にレンジ発動ボタンを押しておきます。
続けて、相手の足もとをクリック。
さらに続けてCTRLキーを押しながら相手をクリック。

これで
レンジの準備を開始→移動を開始→照準を開始
→接射のポジションに到着した頃には
すでに照準が50%を超えているケースが
多くなるのではないでしょうか。

これは、わずかなタイム差ではありますが
多くの敵に順番にレンジを連打することが多い
エルフにとっては、積もり積もって
馬鹿にならないタイム差になるのです。


ちなみに、弓エルフ以外では
近接なら、ダウンアタックや突進、ランスカウンターなど
とっさに押したいスキルを。
魔法だとブレイズなどを割り当てておくと
いい感じでしたね(*´ェ`*)


また別の使い方をするのであれば
サイドボタンにCTRLキーを
割り当ててしまうのも、いいかもしれませんね。
これだと、左手は
スキルボタンを押すことに集中できますね。

そんな感じで。
各自、自分にあった使い方を
試してみてくださいヾ(´ー`)ノ
スポンサーサイト
プロフィール

ルネーニャ

Author:ルネーニャ
ルエリ鯖、ギルド『ぱんけーき』で、かつてギルマスを勤めさせていただいた普通のエロフです。もう廃ではありません???

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。